債務整理を依頼するときは初心者の弁護士は避けるべき

###Site Name###

債務整理とは、借金を整理することです。

返済がどうしてもできなくなってしまったときに、自己破産という手段を取ることもありますが、それ以外にも解決方法があるのです。
債務整理の主なものとして、任意整理、民事再生、先述の自己破産があります。

任意整理とは、裁判所などを介せずに債務者と債権者の間で話し合い、支払い額や利息などを軽減してもらえるように交渉することです。



何と言っても、交渉力が鍵となりますので、債務者が弁護士などでもなく、初心者であるならば、交渉は難しいのが難点です。



また、弁護士を頼るにしても、任意整理に慣れた人が良いですし、弁護士だからといって、任意整理に関しては初心者の人に頼るのは、避ける方が無難です。



弁護士に依頼した時点で、和解が成立するまでは、債権者からの取り立てが中断し、返済も中断できるのがメリットではありますが、任意整理はあくまでも、借金総額の軽減を目的としているものですので、残った元金は必ず支払う必要があります。


民事再生とは、家を手放したくはないが、自己破産もしたくはないという人にお勧めの債務整理です。民事再生の一番の特徴は、他の債務整理とは違って、借金の元金自体を、減らすことができるところです。




ただし、民事再生を利用するには条件があり、継続しての収入が見込まれる人のみが対象ですし、原則3年間で借金を整理しなくてはならないのです。

さらに、住宅ローンは減額の対象にはなりませんので、住宅ローンの返済で窮している人には不向きであるというデメリットがあるのです。
自己破産とは、借金を帳消しにすることです。
ただし、一定の財産は手放さなければなりませんし、官報などの破産者名簿に一定期間、名前や住所が記載されるのです。




いずれの債務整理を選ぶにしろ、その件に関して初心者だと思われる弁護士に頼るよりも、慣れた人を頼る方がスムーズな手続きができる可能性があります。