もつ鍋の具材としてキャベツが多用される理由

もつ鍋とキャベツの相性が素晴らしいことは、実際に食べている人が実感して、長く実践していることです。

キャベツには大量の消化酵素が含まれるため、肉と一緒に調理する場合には、胃腸を保護する作用が働きます。

もつ鍋が最近こちらで話題になっています。

トンカツにキャベツを添える習慣があるのも、肉の消化を促進させて、後味をすっきりとさせるためです。
もつ鍋に使われるキャベツは、薬膳的には補中益気の作用があり、中焦を保護して気力を高める働きがあります。味噌味で調理する場合においては、豊富なミネラルや酵素の働きも重なるため、栄養バランスは相乗的に高くなります。
高タンパクな臓物を使いながら、食物繊維の宝庫でもあるキャベツやニラを使うのですから、ダイエットのためにも優れた料理です。歯ごたえがあるキャベツが入っているため、満腹感を早く得ることが可能で、結果的には食べ過ぎを防ぐことができます。
もつ鍋が美味しい理由には、キャベツから出る甘味が強いことも影響しています。実際に調理するときには、キャベツの甘味も計算して、砂糖やみりんなどの量を調整することが大切です。

旬のキャベツであれば甘味は特に強く、食感は軟らかくなるため、繊細な味付けが必要になります。

Girls Channelのお役立ち情報はこちらのサイトです。

キャベツを最初から煮込んでしまう場合には、途中で溶けてしまうため、最後の段階で軽く火を通します。



肉は長く煮込んで下ごしらえをしていますが、野菜はすぐに調理できるために、もつ鍋は忙しい人にとっても食べやすい料理です。